04 サー・ケン・ロビンソン「学校教育は創造性を殺してしまっている」

大竹優志 TEDxKeio 教員チーム

 

私は授業でブルース・ヘンダーソンのエッセイ「The Origin of Strategy(戦略の起源)」を使用し、そこからの引用である「You need to have your own competitive advantage to survive and prosper. (生き残り、繁栄するためには自分自身の強みが必要だ)」を生徒に伝え続けています。しかし、その「強み」とは簡単に見つけられるものではありません。このロビンソンのスピーチではその強みをどのように見つけるかのヒントを学ぶことが出来ます。現代社会ではどうしても読み書き重視の学力に注目しがちです。しかし、ロビンソンは「人間の知性はもっと多様でダイナミック。そして比類なきものである」と述べています。生徒たちにはそれを理解してもらい、もっと視野を広げ、多角的に自分を見つめられるようになってほしいと考えています。

 

“Creativity now is as important in education as literacy,
and we should treat it with the same status.”

— 創造性は識字能力と同じくらい教育において重要である。
そして、それらは同等に扱われるべきである。

 

また、このスピーチ自体が、私の授業の理想でもあります。イギリスの名優マイケル・ケインを彷彿とさせる品格とセクシーさを兼ね備えた英語で数々のジョークを飛ばして、会場を笑いの渦に巻き込みます。しかし、観客を楽しませて終わりではありません。後半は鬼気迫る怒濤のスピーチで圧倒し、「教育を考え直し、素晴らしい未来を共に築き上げよう。」というラストメッセージが観客の心奥に突き刺さります。私もこのような授業がいつか出来るようになりたいと思っています。

 

 

 

大竹優志 Masashi Otake

TEDxKeio 教員チーム

慶應義塾高等学校外国語科教諭。映画と音楽をきっかけにアメリカに憧れを抱き、高校卒業後渡米。アイオワ州の大学で、ある教授がおこなう創造性あふれる講義に感銘し、この感動を広げるため帰国。多くの子どもたちに自分が体験した以上の感動を与えることを目標に、教壇に立つ。モットーは「授業はエンターテイメント。面白くなければ、授業ではない」。