11 TEDxKeioスピーカー 伊藤公平さんとの対談

山本 奨 TEDxKeio Eventチーム

11/15、夕方。ナノテク研究の第一線でご活躍されている伊藤公平先生との初顔合わせとあって、僕たちスタッフは緊張でいっぱいだった。

ナノテクノロジー、シリコン量子コンピュータ、単一原子核スピン…

予習をしていこうと思っても、何しろ言葉が難しくて何のことかわからない。数時間調べたあげく、「どうやらものすごい研究のようだ」という緊張だけが僕たちを渦巻いていた。

 

実際話し合いが始まってみれば、伊藤先生はフランクでとにかく親しみやすい、すてきな方だった。研究内容のご説明もアニメやロボットを交えておもしろおかしく説明してくださり、とにかく話に引き込まれた。こんなに親しみやすい物理の授業を受けたのは何年ぶりだろう…。

 

なにより印象的だったのは、伊藤先生の言葉の節々から感じる「情熱」だ。

Ultimateなscienceとは何か。「何に役に立つか」という問いに答えるためだけの研究が、果たして一番大事なことなのか。そもそもなぜ物理学者は研究に駆り立てられるのか。

詳しくは当日にお話しいただけるだろうから割愛するが、いずれにせよ、難しい話が難しい話に感じない、あっという間の2時間だった。

 

TEDという名が表す通り、TEDxKeioもまた、様々なフィールドの方々が登壇される。おそらくお目当てのスピーカーがいる方も、そうでない方もいるだろう。もしかしたら僕と同じように、「う、物理はちょっと…」という方もいらっしゃるかもしれない。

でも、今回のテーマは「crossing」。そうした、今までまったく関わりのなかったフィールドの人々が交わり、化学反応を起こす日だ。

伊藤先生のお話にド文系の僕が引き込まれたように、ひとりでも多くの人が「cross」し、刺激し合えたら、と願うとともに、そういった場をともに作り上げられる12/23が、待ち遠しくて仕方がない。